アストンマーチン、レッドブルと共同開発した3億円のハイパーカーかっこいい件

アストンマーティンは10月3日、F1チームのレッドブル・レーシングと共同開発したハイパーカー
『AM-RB 001』のコンセプトモデルを都内で日本初公開した。価格は3億円前後の見通し。限定150台生産販売されるが、
購入するには一定の条件が必要になるという。
AM-RB 001は、アストンマーティンとレッドブル・レーシング両社のレースで培われた技術を惜しみなく注ぎ込んだハイパーカー。
往年のルマンカーを彷彿とさせるようなスタイリングながら、公道走行可能なバージョンも発売されることが決定している。
詳細なスペックは明らかにされていないが、オールカーボンボディに1000馬力とも噂される自然吸気V12エンジンを搭載する。

AM-RB 001の納車は2018年から開始されるが、すでに全世界から600件の購入希望が寄せられているという。
アストンマーティン・アジアパシフィックでマーケティング&PRシニアマネジャーを
務めるダニエル・レッドパス氏は「600件の応募があるが、この中にはかなりの数が日本からも寄せられている。
このため、本国イギリス以外でAM-RB001を公開したのはフランスとシンガポール、そして日本だけ」と明かす。
レッドパス氏は「AM-RB 001の購入希望者の募集はすでに締め切られている。600人のうち誰が購入できるか、
国別の割り当てなども含めて、まだはっきりしていない」としながらも
「すでに『One-77』と『ヴァルカン』を購入した方をまず優先することになる」との見通しを示した。

(以下略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です