ジャガーがついに正式に電気自動車I-PACEを発表

2018年3月のジュネーブモーターショーに先駆けて、ジャガーが完全電気自動車のコンパクトSUV I-Paceを発表しました。完全電気自動車の新車種の発表は2016年のGM BOLTとテスラモデル3から実に2年ぶり。いよいよ始まります。

このコンパクトSUVというスタイル、CUV(しかしCUVのCはCompactではなくCrossoverすなわち乗用車とSUVの良いとこどり的な意味です)とも呼ばれており、非常に人気のあるスタイルです。I-Paceは今年欧州で先に発売されるとみられており、米国でも2018年の後半と発表されています。日本にはいつ導入されるのか不明ですが、すでに公式サイトができていますので、導入は決定していると考えられます。

肝心のスペックですが、まず航続距離はWLTP基準で480km。当サイトは今までEPA基準で電気自動車の航続距離を測ってきましたが、ジャガー社は今回国際標準であるWLTPで数字をリリースしてきました。これからWLTPは日本でもJC08に代わり導入され、数字にはかなり大きな変化があると思われますが、数値的には、EPAがやはり最も現実に近く厳しい燃費測定基準であることには変わりないようです。WLTPはEPAから見て、10-15%程度甘いと見られているように思います。
実はジャガー社は以前I-Paceについて米国の記者に語った際、EPA航続距離を240マイル=386kmと語っているので、WLTP 480kmとの差は24%もあります。一応、現時点では航続距離は386km前後と思っておけばよいでしょう。

386kmを走行するバッテリー容量は90kWh。345km(暫定)のテスラモデル3が50kWh、382kmのGM BOLTが60kWhですから、やはりCUVというのが重くのしかかっています。フロントを通常のガソリン車っぽく見せるためにグリルを導入したりすることと、CUVのために車高を高くしたこと、プレミアムカーにふさわしいスポーツ性能を高めるためにタイヤを太くしていることなどが電費の悪化につながっていると言えるでしょう。実際に使える電池容量が同じかどうかは分かりませんが、I-Paceより一回り大きいテスラモデルX 90DのEPA航続距離は257マイル=413kmであることを考えると、I-PaceのEPA航続距離はもう少し長いのかも知れません。

モーターはデュアルモーターで、前後に1つずつ、四輪駆動となります。出力は294kW、696Nmですから非常にパワフルで、最近の電気自動車と同様、ポルシェ911であっても信号待ちでI-Paceを抜くことはできないでしょう。0-100km/h加速は4.8秒と、テスラモデルXの75Dや100Dよりもわずかではありますがさらに速い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です