トヨタ、国内最大級の事業所内託児所 

トヨタ自動車は20日、従業員向けの事業所内託児所「ぶぅぶフォレスト」を愛知県豊田市で4月2日から開設すると発表した。定員は320人で、製造業などが運営する託児所としては国内最大級という。工場で働く子育て世代の要望に応え、一般の保育所では対応しにくい早朝や宿泊保育、バスによる送迎などをトヨタの託児所として初めて導入する。

新しい施設は2階建てで延べ床面積は3116平方メートル。0歳から小学校就学前までの子どもを受け入れる。遊戯室や園庭、プールなどの設備を備える。トヨタの工場などの稼働日に合わせ、子どもを預かる。トヨタの病院と連携して病児保育の施設も備える。

トヨタは女性や子育て世代が働きやすい職場環境づくりを進めている。これまで工場が立地する豊田市などに3カ所の事業所内託児所を設置している。新しい施設の追加で定員は3倍強に拡大する。

 

引用先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です