ワイスピに出てくる車2

ワイスピに登場する車種パート2

13.シボレー・カマロ F-Bomb

シボレー・カマロ

映画ではドミニク・トレットによって運転されています。しかし実際の車ではなくレプリカだそうです。『ワイルド・スピード』のラストシーンに登場し、ドミニク・トレットはシボレー・カマロで悪者を轢きます。この馬力がありそうなシボレーで轢かれたら軽傷では済まないでしょう。

14.ランプカー

まるで世紀末を舞台にした映画『マッド・マックス』から飛び出してきたような車ですよね。ランプカーが作られた目的は他の車を跳ね飛ばすためです。だから「ワイルド・スピード」シリーズにはピッタリの車ですよね。映画で使用されたランプカーはレースカー仕様にカスタムされたものです。

15.コルベット・グランドスポーツ

コルベット・グランドスポーツ

見た目が何より美しいコルベット・グランドスポーツは『ワイルド・スピード MEGA MAX』で登場します。走る列車からコルベット・グランドスポーツが飛び出し湖に落ちていくシーンは必見です。貴重な車なので劇中ではレプリカが使用されました。

16.フォードGT40

フォードGT40

「ワイルド・スピード」シリーズには何台もの珍しい車が登場しますが、その中でもこのフォードGT40は特別に珍しい車です。劇中ではコルベットよりも注目を集める車でしょう。車ファンの間では、伝説のスーパーカーと呼ばれています。

17.ジェンセン・インターセプター

ジェンセン・インターセプター

『ワイルド・スピード EURO MISSION』でミシェル・ロドリゲスが演じるレティ・オルティスが使用した車です。映画の中ではジェンセン・インターセプターはロンドンのストリートでダッジ・チャージャー・デイトナとレースをします。2台の世にも珍しい車がレースを行うシーンは必見です。

18.ダッジ・チャージャー・デイトナ 1969

ダッジ・チャージャー・デイトナ 1969

先程紹介したジェンセン・インターセプターと同様にダッジ・チャージャーも『ワイルド・スピード EURO MISSION』で登場します。ダッジ・チャージャーはジェンセン・インターセプターよりも変わった見た目ですよね。シリーズに登場した車を珍しさでランク付けすると、トップ5に入ること間違いなしです。本当にシリーズを通して珍しい車ばかり劇中に登場しています。

19.日産スカイライン 2000 GT-R 1971

日産スカイライン 2000 GT-R 1971

『ワイルド・スピード MEGA MAX』でブライアン・オコナーが買った車です。車の登場シーンは少ないですが、その格好良さに目を惹かれたファンも多いはず。日本車で最も登場した回数が多い車は日産製の車だそうです。

20.シボレー・シェベル SS 1970

シボレー・シェベル SS 1970

「ワイルド・スピード」シリーズにはカーアクションシーンだけではなく、車の歴史も含まれています。『ワイルド・スピード MAX』ではハイパフォーマンスが特徴のアメリカ車、マッスルカーが登場します。そしてシボレー・シェベルはマッスルカーの代表格とも言えるでしょう。運転するのはマッスルカーがまさに似合う男ドミニク・トレットによって運転されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です