人気車種ハイブリッド燃費ランキング最終章

1位
日産 ノートe-POWER

今までにない新しい形のコンパクトカー「ノートe-POWER」

(2016年11月ニューモデル)

【燃費】37.2km/ℓ

ノートe-POWERの価格

1,772,280円~2,458,080円

【おすすめグレードと価格】

グレード:e-POWER X

価格:1,959,120円

プロフィール

エンジンが発電機となって電気を作り、走るときはモーターだけで走行できる新しいハイブリッドモデルです。

現行のノートに追加された形となっています。

「メリット」

「e-POWER」は優れた燃費性能を持っているだけでなく、静粛性や加速性能も優れているので快適な走行ができます。

そして、コンパクトカーの中では車内が広いので居住性が高いです。

あとは、ブレーキを使わなくても加速と減速ができる「ワンペダルドライブ」が便利で大きな魅力となっています。

安全面では時速80キロでも歩行者を検知してくれる先進の緊急自動ブレーキシステムが搭載されています。

「デメリット」

ノーマルエンジンと比べた時に価格差を考えると約20万キロほど走らないと取り戻せないです。

「エコモード」の場合、アクセルを戻すとエンジンブレーキがかかったような状態になって急にスピードが落ちます。

(慣れるまで少し違和感を感じます)

リヤゲート(開閉部分)は大きいですが荷室が少し狭く感じます。

主要諸元

【全長×全幅×全高】

4100×1695×1520mm

【総排気量】

1198cc

【車両重量】

1210kg

【最小回転半径】

4.9m

【燃料タンク】

41ℓ

さいごに

ハイブリッド車は燃費性能が優れているので、毎日の走行距離が長ければ長いほど燃料代を節約することができます。

ただ、せっかく燃費の良いハイブリッド車を購入しても普段ほとんど乗らないならあまり意味がないです。

意味が無いどころかハイブリッドの価格上昇分を燃料費の差額で取り戻すことができなければ高い買い物になってしまいます。

目安として、年間で1万5千キロ以上を走行するならハイブリッドを購入した方がいいと思います。

でも、1万5千キロ以下の走行なら割高になる可能性があるのでよく考えるようにしてみてください。

  • <script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
    <script>
    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
    google_ad_client: “ca-pub-9416658127533961”,
    enable_page_level_ads: true
    });
    </script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です