車 オイル交換

エンジンのオイル交換は必要”という事は、車を運転する方なら多くの人が知っていることですし、小さな整備工場から大手のカーショップやガソリンスタンドまで、オイル交換のサービスをおこなっている業者はたくさんあります。また、カーショップやホームセンターなど、オイル自体を売っているところも多くあり、車好きの方などは自分でオイル交換をする方もいるのです。しかし、オイルの交換時期を詳しく説明できる方は少ないかもしれません。人によっては、“車検のときにしかオイル交換はしない”という方や、“購入してから1度もオイル交換をした記憶がない”や“車屋さんに勧められたから”とプロに言われるままにおこなったという方もいます。オイル交換は、車を安全に乗り続けるにはとても大事なことですし、今まで何もなかったことはむしろラッキーだったり運が良かっただけかもしれません。このページでは、気になるオイル交換の疑問について説明していきます。オイル交換の時期を知り、自分の場合はどうなのかなどを理解すると、今度オイル交換をする予定も立てやすくなりますし、オイル交換の間隔も知ることができるので、予定を立てやすくなるのです。

オイル交換の適切な間隔

オイル交換の適切な間隔≪軽自動車≫
・ターボ車:5,000kmまたは6ヶ月
・普通車:10,000kmまたは6ヶ月
≪ガソリン車≫
・ターボ車:5,000kmまたは6ヶ月
・普通車:15,000kmまたは1年
≪ディーゼル車≫
・5,000km~10,000km

以上がオイル交換の目安とされる時期です。自分が普通よりもシビアな使用状況だと思うなら、これよりも早いタイミングでオイル交換をした方がいいでしょう。

オイル交換のサインとは

理想は、「マメにメンテナンスをして自分の車を把握しておくこと」または「掛かりつけの整備工場を作ること」ですが、日々忙しい生活を送っていると忘れてしまうことも在り得るので、そんな時は「オイル交換シール」などを利用して次のオイル交換時期を把握するようにしましょう。最終的には運転席にあるオイルランプ(油圧警告灯)が点灯することになります。オイルランプはエンジンオイルが少なくなったり油圧が下がると点灯します。ですが、よっぽどひどい状態にならないと点灯しないので、オイルランプが点灯するということは、エンジンがすでに故障していたりすることもあるのでオイルを交換するだけでは不具合が直らない場合が多くあります。「時すでに遅し」ということですね。本来ならば、こういったサインが出る前にオイル交換をおこなうのが理想です。しかし、オイル交換をすっかり忘れていたなど、意図せずにオイル交換することが出来なかった場合には、こういったオイル交換のサインがあると、即座にエンジンを切って対処することができるので、最悪の事故などを未然に防ぐことができるのでとても助かります。

交換時期を早めた方がいい場合

オイル交換は、遅くなると不具合になることはたくさんありますが、早くしたからといって悪いことはなにもありません。そのため、使用頻度の高い方や特殊な環境で使用している方などは、普通より早くオイル交換をした方が良くなります。
特殊な環境とは、

・高温や低温、湿度の高い場所などの環境下で使用する方
・悪路を走ることが多い方(砂やホコリなど)
・坂道走行が多い方
・高速走行が多い方
・ちょっとした距離の移動を頻繁おこなう方(エンジンが温まらない)

などです。

滅多に乗らない車だけど、交換は必要なの?

走行距離がオイル交換の目安となるのなら、“私の車は週末用だし、滅多に遠乗りしない、走行距離も少ないのだからエンジンオイルも長持ちするのでは?”と思う方も多いのではないでしょうか?しかし、エンジンオイルは経年劣化します。つまり、「交換の時期は遅くとも、乗った距離に関係なく、必ずオイル交換しなければなならない間隔がある」ということです。しかも、近場にしか行かない場合は、エンジンが温まらないうちにエンジンを切ってしまうということなので、エンジンオイルにとっても良くない状況といえます。エンジンオイルは、車を使った・使わなかったに関係なく、月日が経ると徐々に劣化していき、性能が悪くなっていきます。2年に1回車検の時だけオイル交換をするのは止めて、「1年に1回オイル交換」をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です