車のオイル交換の時期とは、、何が本当

 

エンジンオイル交換時期参考早見表

※推奨交換時期は私の観点です。実際にメーカー推奨の「通常使用時」の観点が甘くてブレすぎなので、あまりにも当てになりません。

過酷な使われ方に対する、エンジンオイルの交換時期として「シビアコンディションに該当する場合の交換時期が定められていますが、ショートトリップのシビアコンディションに該当する使用状況のユーザーさんは、潜在的にかなり存在すると考えられます。

交換時期は果たして適切なのか?

ここではノンターボ車の普通のガソリンエンジンを例に挙げて説明します。

日本の大手メーカーのほとんどがエンジンオイルの交換時期を15000km走行、または1年の早い方としています。ただし条件があり、標準的な使用方法の場合、かつ点検は適宜必要と記載されています。

そしてあくまでも目安です。点検を受けて問題が無いと判断された場合のみです。

ハッキリ書きますが普通の使い方で15000㎞も走行したらエンジンオイルは真っ黒です。後にこまめにオイル交換しても内部にこびりついた汚れを完全除去することはこんなんです。

それでもエンジンは壊れませんが、エンジンオイルは交換してもすべて排出されるわけではありませんし、汚れが激しくなってデポジット(固着)化した場合蓄積された汚れとなります。

燃焼時の環境が悪いほどエンジンオイル中にはスラッジやワニスといった固形汚れが浮遊します。

これらはエンジンオイルの流れが悪いオイルパンやシリンダなどの金属壁面などに滞留し、結果的に固着します。

エンジンにはオイルフィルターもありますし、そうそう故障にはつながりませんから、今までずぼらにオイル交換時期を守らなかった人でも故障したことなんか無い!15000km毎の交換で十分だという人もいるでしょう。

車検ごとに車を買い替える人なんかはそれでもいいでしょう。のちにその中古車を購入する人にとっては災いになりかねませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です