車のバッテリー寿命とは

車のバッテリー寿命は予想が出来る!確認すべき4つの事

バッテリー寿命
車の消耗品で欠かせないものと言えば、タイヤ、オイルなど様々なものが言えると思います。

その中で、「バッテリー」も消耗品の一つで、ガソリンが無くなってしまったら走らなくなると同じで、バッテリーも止まってしまったら車は走らなくなります。

よく、「車のバッテリーはいつ寿命になるのか」と言う質問を見たり、聞いたりしますが、はっきり申し上げると、バッテリーの寿命を当てるのは難しいです。

しかし、バッテリーの寿命を予想することは出来ます。

ここでは、バッテリーの寿命について解説いたしますので、この記事を読んでから、ご自身の車を確認してみると良いでしょう。
バッテリーの基本

まずは、バッテリーの基本的な構造や役割を理解しましょう。

バッテリーは、主に以下の項目で重要な役割がありますので、確認しておきましょう。

1.エンジン始動

イグニッションキーをONにした時、バッテリーから電流がセルモーターに流れることでエンジンがかかります。

バッテリーが一番電力を消費するのは、このエンジンスタート時なのです。

2.車内等の電源

ヘッドライト類やカーナビ、エアコン、室内灯などの電源として使われます。

エンジンが止まってしまった場合は、当然ですが、バッテリーのみですべての電気をまかなうこととなります。

また、ハイブリッド車では、走行している際に電気を使用しますが、メインのバッテリーとは別に「補機バッテリー」という物が装着されており、上記の役割をになっています。

自宅で簡単!バッテリー寿命の4つの予測方法

冒頭でもご説明しましたが、バッテリーがいつ寿命になるのか、はっきりと答えることが出来ません。

バッテリーは、環境や使用頻度によって寿命が変わってしまうため、分からないのです。

しかし、バッテリーが寿命に近づいている判断は出来ます。

出かける時にエンジンが掛からない・・。なんて事が無いように確認しておきましょう。

1.エンジン始動時

バッテリーの基本でもお伝えしましたが、エンジン始動時には、一番電力を使用します。

ですので、かなりの確率でバッテリー寿命の予測が出来ます。

いつもと違うエンジン始動になる
イグニッションを回して、しばらくしてエンジンが掛かる
「バッテリーが弱い=バッテリーの寿命」が近づくと、エンジンがかかりづらくなります。

エンジンがかかれば、乗って出かけることは可能ですが、この症状が起きた場合は、バッテリーの寿命が近づいていると思われますので、早めに交換することをおすすめいたします。

2.液体の色

バッテリーには、中に水のような液体が入っています。

バッテリー液は、純精製水で出来ており、水道水と同じように無色透明です。

バッテリー本体の横から見ても分かりませんので、エンジンを切り、セル部分(ふた)を開けて、中を確認してみます。

液体が濁っている
バッテリ液が濁っていた場合は、バッテリーが劣化している証拠ですので、やはり、早めに交換することをおすすめします。

補足:バッテリーに入っている液体は、希硫酸に変化しており、液が手についてしまっても、すぐに水で洗い流せば問題ないですが、注意が必要です。

また、上から覗いて確認する際は、あまり顔を近づけ過ぎないように確認するようにしてください。

3.使用年数の確認

バッテリーは、一般的に「2年から4年」で寿命だと言われています。

使用頻度、環境などで、この寿命に変化がありますが、購入してから「3年経過」した場合は、寿命が近づいているかもしれません。

バッテリー上部には、バッテリーの製造年月日が記されていますので、確認してみましょう。

また、劣化などで製造年月日が消えてしまう事がありますので、該当部分の写真を撮っておくと良いかもしれません。

よくバッテリーの製品補償が、「36ヶ月補償」や「10万km」とバッテリーメーカーはうたっていることからも、やはり、3年前後が使用年数であると予想できますね。

4.比重の点検

バッテリーの比重を測ってみるのも、寿命の判断になります。(比重計という道具が必要です)

比重とは、バッテリーの充電状態の目安が分かる数値の事を言います。

比重を測る際の確認事項は以下になります。

比重の数値確認
バッテリー液の減り具合
バッテリー液の濁り具合
「比重計の数値が悪い=充電状態が悪い」ということになりますし、バッテリー液が減っていた場合もバッテリー交換のサインと考えられますので、確認してみると良いでしょう。

まら、道具が無ければ測ることが出来ませんので、ガソリンスタンドやディーラーで比重を測ってもらうのも良いでしょう。

比重が低かった場合は、バッテリーの交換を進められるかと思いますが、すぐに判断しないことです。

バッテリーの寿命を早める3つのこと

バッテリーは、一般的に「2年から4年」ほどで寿命だとお伝えしましたが、使用状況によっては4年以上使用できたバッテリーもありますし、2年程度で寿命が来ることもありえます。

バッテリーの寿命を早めてしまう事項を知っていれば、バッテリーの使用期間を延ばすことだって可能かもしれません。

1.ライト類の確認

バッテリーの寿命を早めるナンバーワンと言っても過言であるのが、ライト類(スモールライトや室内灯)のつけっぱなしです。

エンジンを切った状態で、スモールライトや室内灯をつけっぱなしにしておくと、バッテリーに蓄えた電力をずっと放電した状態になり「バッテリー上がり」という状態になる場合があります。

バッテリーが上がってしまったら、当然ですがエンジンはかかりません。

エンジンをかけるには、バッテリー交換はもちろんですが、「ブースターケーブルを使ってジャンピングする」か「JAFなどのロードサービスの使用」するしか方法がないです。

ライト類のつけっぱなしは、バッテリーの寿命を早めてしまいますので、エンジンを切ったら以下の箇所を再度確認しましょう。

スモールやヘッドライトの確認(オートライトを過信しない)
室内灯の確認(とくに昼間はわかりづらいので注意)
2.スイッチ類の確認

車には、実にたくさんのスイッチが付いており、そのほとんどに、バッテリーの電気は使われています。

エアコンスイッチをONにしてあったり、室内灯をつけながらエンジンをかけると電気がセルモーターとその他のスイッチに分散されてしまいます。

下記スイッチをOFFにしておくと少しでもバッテリーの消耗を防げるかもしれません。

エアコンスイッチOFF
テレビ・ラジオ電源OFF
室内灯OFF
3.バッテリーは気候に弱い

バッテリーは、暑さ、寒さに弱いと言われています。

とくに寒い時期には、弱っているバッテリーはバッテリー上がりをおこす可能性が十分にあります。

JAFの救援依頼内容でも1年を通して、1月、2月が最もバッテリー上がりの対処をしている結果があります。

室内灯などのライト類のつけっぱなしも考えられますが、1万件以上他の月より多い数値ですので、冬場はとくに気を付けなければいけません。

実は、バッテリーは、一般的に外気温が20℃~25℃で、100%の性能を発揮できるようになっています。

雪が降る地域の方は、冬が来る前にバッテリーの確認をしてみると良いでしょう。

  • <script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
    <script>
    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
    google_ad_client: “ca-pub-9416658127533961”,
    enable_page_level_ads: true
    });
    </script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です