車コーティング カーコーティング

カーコーティングとは?
ガソリンスタンドやカーショップなどで目にすることのある「カーコーティング」。
最近よく聞くけれど、カーコーティングって一体なんだろう?
カーコーティングに関するさまざまな疑問にずばりお答えします!

時代はWAXからコーティングへ
一般的にクルマのお手入れというと、いわゆる「WAXがけ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
クルマの美しさを保つためにしていた「WAXがけ」には、実はこんなデメリットがあったのです。
デメリット
「Waxがけ」はクルマの塗装を傷める
デメリット
「Waxがけ」は汚れや水垢の原因になる
デメリット
「Waxがけ」はウィンドウガラスの油膜の元
WAXは、塗装の艶を出すとても便利な道具でした。ですが、時代の流れとともにクルマの塗装も劇的に進化し、WAXを塗ることのメリットより、デメリットの方が目立つようになってきたのです。そんな中、WAXに変わるものとして、1980年代にポリマー系コーティングが登場しました。
それからというもの、カーケアはWAXの時代から、コーティング中心の時代へと変わっていきました。それでは、コーティングに関する具体的な疑問にお答えしていきましょう。

WAXとコーティングの違い

WAXの主成分は「油」

WAXは主に蝋(ロウ)と石油系の溶剤で構成されています。簡単にいえば「油」です。
塗装面にWAXを塗ると深い艶を演出することができますが、その被膜は不安定な半液体の状態で塗装面に乗っています。
そのため雨や洗車で油脂分が簡単に流出し、残った蝋(ロウ)は角質化して水垢の原因に。耐熱性も低いため、すぐに蒸発し、持続期間は約1ヶ月程度と短命です。

コーティングは分子と分子の結合体

コーティングはWAXとはまったく違います。
例えば、ポリマー系のコーティングは、シリコーンやフッ素などを含んだポリマー(高分子重合体)で構成されています。
これが塗装面に定着するとき、化学反応の一種である「架橋反応」が起こり、分子と分子が結合した強靭な被膜を形成するのです。
密度の高い網目状の被膜だから、ススや油など各種の汚染物質が進入するのをブロック!耐熱性や耐候性もWAXの比ではありません。効果の持続期間も約3ヶ月から約1年、3年と長いのが特徴です。

カーコーティングを選ぶ基準

人それぞれが持っている感性や、クルマとの付き合い方によって、カーコーティングの選択基準は変わるもの。
高額なコーティングは確かに性能的に優れていますが、必ずしもすべての人にとって最適というわけではないのです。
以下のポイントを参考に、自分にぴったりなカーコーティングをお選びください!

  • <script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
    <script>
    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
    google_ad_client: “ca-pub-9416658127533961”,
    enable_page_level_ads: true
    });
    </script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です